肌の潤いが感じられないとき、パックを実施してみる

化粧水後に保湿しているのに、肌の潤いが感じられないなら、パックを実施してみることをおすすめします。

パックというのは、可能であれば毎日実施したほうが良いとされていますが、時間が確保できないなら、週に一度行うだけでも効果的です。

パックを使うときに大切なのは、各商品で設定されている放置時間通りにするということです。

例えば、「3分放置します」と説明されているパックを10分程度そのままにしたとしても、効果が三倍表れるということは期待できません。

パックの放置時間を超過してしまうと、肌に送られた成分がパックに引き戻されてしまい、乾燥に繋がってしまう場合もあります。

商品によって放置時間は異なるので、必ずチェックしてから使うことが大切です。

お気に入りの化粧水があるという場合は、この化粧水を活かした保湿パックをやるということもできます。

まずはコットンを水で軽く濡らし、それに化粧水を馴染ませてコットンを薄く剥がして、顔に載せます。

コットンを水で湿らせることにより、化粧水をそんなに垂らさなくても、顔全体に潤いが行き渡ります。

パックに化粧水を使うのはもったいないと感じる人も、コットンを水で湿らせて実践してみるといいでしょう。

保湿パックに関しては、何が何でも市販のパックシートでなくてはならないのかというとそのようなことはなく、化粧水を使用した後にキッチンで使用するラップを顔につけるだけでも効果は望めます。

ラップを適当な大きさに切っておき、それを顔に載せれば良いので、化粧水の保湿効果を高めたい人もやってみてください。

TOPPAGE  TOP