木綿の手袋をつけて寝ることで保湿対策

手が乾燥しているときには、何もせずにそのままにしておくとあかぎれやヒビ割れの恐れがあることがあります。

乾燥を自覚しているなら、早急に保湿するようにし、ひどくならないように気をつけましょう。

手の油分を失わないことが大切なのですが、手の油分というのは、毎日の家事や手洗いなどで気づけば流れ落ちているものです。

これを防ぐため、洗い物や洗濯をする際にはゴム手袋を身に付けて、手が水に直接つかないようにし、手洗いが済んだらハンドクリームを使用するよう配慮しましょう。

ですが、長いあいだゴム手袋を装着していると、劣化することが多いので注意しましょう。

人によっては、ゴムの成分が体に合わず、かぶれが生じるかもしれませんので、かぶれが見られたときにはポリエステルでできた手袋を使用するようにしましょう。

こまめにクリームなどを使い保湿するように心がけると、何日かで乾燥は気にならなくなります。

この方法の他、夜ハンドクリームをしっかり塗り、木綿の手袋をつけて寝ることで保湿する対策も有名です。

こちらは、次の日の朝にすぐに効果が実感できるため、あかぎれなどのトラブルに悩まされている人もやってみましょう。

木綿の手袋というのは通気性が良いため、手袋の中で手がむしむししてしまうことが防げます。

シャンプーのときや水仕事など、手は普段から刺激を受けやすい部位でもあるため、ハンドケアを怠らないことが重要です。

体の乾燥を招きやすい人は、手も同じように乾燥しますから、日常的な保湿を習慣化しましょう。

TOPPAGE  TOP