保湿効果が高い「セラミド」という成分

冬を迎えると、乾燥肌だと肌の乾きがひどくなり、痛みやかゆみまで出てくることがあります。

保湿は、保水ができていることを前提として効果が期待できますので、乾燥肌だという人は保水に目を向けてみましょう。

普通、保水の仕方は化粧水を活かしたもので、洗顔を行った後に化粧水を十分に使用することがポイントとなります。

ちゃんと化粧水を使っているのに肌がカサカサするというのであれば、保湿ケアが不足しているということかもしれません。

洗顔後には化粧水だけでケアすれば十分と思っている人もいるようですが、乳液やクリームを駆使して、保水できた水分が失われないように閉じ込めてあげることが必要不可欠です。

たくさん保水しても、保湿を欠かしてしまうと肌の水分が逃げていってしまいます。

各種成分が存在しますが、中でも最も保湿効果が高いと言われているのが、セラミドという成分です。セラミドはスフィンゴ脂質の一種で、スフィンゴシンと脂肪酸が、アミド結合した化合物群の総称です。

肌が乾燥することに悩んでいる人は、保水をしっかり行ったあとで、セラミドクリームなどを使うようにするといいでしょう。

ただし、セラミドは特別な成分と位置付けられているので、含有量が多い場合は、それだけ価格もアップします。

その逆で、含有量が高くなっているのに商品価格が低く抑えられているものは、セラミドに近い成分ではあっても、本当のセラミドとはいえない成分が入っていることがあるかもしれません。

そして自分の肌に最適であるかどうかという面も要チェックなので、実際に使って比べてみてはどうでしょうか。

日常的に行う基本的なも怠ってはいけないので、洗顔などについてもきちんと行うように心がけましょう。

TOPPAGE  TOP