スタイルについて

バストが小さいのは女性ホルモンが少ないから?

スタイルについて

女性らしい丸みをおびた、体のラインを作っているのは女性ホルモンで、胸のふくらみも、女性ホルモンの影響が有ります。

生まれつき、女性ホルモンの分泌量が多い人は胸が大きくて、少ない人は胸が小さいと思われそうですが、そんなに単純でもないようですね。

バストのふくらみは、多くの脂肪が関係しています。太っている人はバストが大きくて、やせている人はバストが小さい傾向にあります。

女性ホルモンが関係しているのは、胸の乳腺組織です。乳腺はバストの土台のような物で、乳腺組織が多ければ年齢を重ねても、胸には張りがあって垂れにくく、少ないと張りを失って垂れやすくなるのです。

男性で、肥満の人の胸がふくらんでいても、ほとんど垂れているのは、胸の土台となる乳腺がないからなのです。

女性ホルモンやその分泌量が、バストの大きさに関係しているのではなく、女性ホルモンに対しての、個人個人の感受性が大きく影響しているのです。

なので、女性ホルモンに反応しやすい体質かどうかが、バストの大きさを左右しているのです。

女性ホルモンに似た物質と言われている、イソフラボンをたくさん摂取しても効果は無く、牛乳を飲むとバストが大きくなることも有りません。医学的にも根拠は無いそうです。

バストアップ体操や、大胸筋のエクササイズで大胸筋を鍛え、きれいなバストを作る努力をしましょう。きれいなスタイルになるには努力が必要です。


TOPPAGE  TOP