肌にシワが出来る原因とコラーゲン

肌にシワの出来る原因って知っていますか? シワの原因は乾燥だと勘違いしてる人が多いようですね。

肌が乾燥すると、表面に細く浅い、ちりめんジワが出来る事が有りますが、これは乾燥したときにだけ出来るシワで、充分なスキンケアをした後や、風呂に入ったら消えます。

女性がきになるシワのほとんどは、そういう浅いものではなく、真皮層の深さまで刻まれたシワなのです。

なので、しわに必要な手入れは、保湿ではないということになります。では、正しい肌の手入れ方法の前に、真皮層にしわが出来る原因です。

肌の真皮層にはコラーゲン線維が張り巡らされていますが、コラーゲンはゴムのように弾力が有り、これがしっかりとしていれば、肌を押しても元に戻ります。

コラーゲンは、紫外線や活性酸素の影響で、年々に弾力を失い、硬くなっていき、顔の表情によって出来るシワが、硬くなって肌に残ったままになるのです。

皮製品の洋服など、いつも折り曲げているところは、シワになったままで、もとに戻らないですが、肌は生きた組織で、新陳代謝しています。

若い肌は、コラーゲンも生まれ変わるので、表情によって出来るシワが残らないのですが、40歳を過ぎると、女性ホルモンの低下によって、コラーゲンが再生する力も低下し、50歳にもなると、コラーゲンはほとんど再生されなくなります。

シワの進行を少しでもくい止めるには、日焼け止めや、パウダーファンデーションで、コラーゲンを破壊する紫外線をしっかり防ぐことです。

新しいコラーゲンの再生を高める為に、ビタミンC誘導体やレチノールなどが入った化粧品(アイクリーム)を使って、顔全体にしっかりと塗ります。

ピーリングで、古い肌細胞を取り去ることで、新しい肌の再生を高める作用が有るので、コラーゲンの再生には効果が有ります。

飲むコラーゲンなどは、体内で消化されてアミノ酸に変わるだけなので、肌のコラーゲンは増えないので止めましょう。

TOPPAGE  TOP