洗顔の基本は、石けん洗顔

石けんで洗顔するときに、一般には弱酸性や、中性の石けんで洗顔すると、肌に良いとのイメージが有りますが、弱アルカリの石けんで洗顔するほうが、きれいな肌になります。

弱アルカリ性では肌に悪いとか、刺激が強すぎるのではと勘違いしている人が多いようですね。

人の普段の肌は弱酸性なので、弱酸性の洗顔料は刺激が少ないから、肌には良いというイメージが有りますが、弱酸性の洗顔料では、肌の汚れが十分には落とせないのです。

皮膚の表面の角質層は、弱酸性で守られていて、強固な肌になっているので、弱酸性や中性の洗顔料で洗っても、角質層が老化した角片と呼ばれるアカが、皮膚にしっかりとくっついているから、落としにくいのです。

肌は、アルカリ性の洗顔料だと柔らかくなって、角質層がゆるんでいますので、汚れをしっかりと落とすことができるのです。

弱酸性の石けんだと肌が荒れるとか、刺激が強いとか、肌がつっぱる感じがする人がいるでしょうが、そう思うのは最初のうちだけです。

肌には、アルカリ性に傾いても、ふたたび弱酸性に戻す、アルカリ中和能という力が有るので、石けんで洗っても、洗った後をよくすすげば、戻るので大丈夫です。

弱アルカリの石けんは、洗浄力があるので、皮脂も洗いとるので、洗顔後は一時的にはつっぱり感を感じても、結果的には肌を活性化することになり、正しい洗顔をしていれば、石けんで肌が荒れることは無いです。

弱酸性の洗顔料ばかりで洗っていると、肌が自然に弱酸性に戻る力が失われてくるので、肌をあまやかさないで、弱アルカリ性にしたりして刺激を与えたほうが、肌は活性化するのです。

弱アルカリ性の石けんは、時間が経過して変質した皮脂の汚れやアカを洗い流して、肌を活性化させるメリットがあるのです。

TOPPAGE  TOP