美肌になる洗顔法

洗顔で皮脂を取りすぎると、乾燥やシワの原因になると、朝はお湯で流すだけの洗顔をしていたら、肌に皮脂が残ってニキビが出来たり、酸化した古い皮脂が肌の老化を進めることになります。

眠っている間にも皮脂は分泌しているので、乾燥肌の人も朝晩の洗顔は、洗顔料を使って汚れを落としましょう。

洗顔は汚れを泡で包み込んで落とすのがの基本です。洗顔料を肌にのせるだけで汚れが落ちるので、こすりすぎないこと。こすぎすぎると肌を痛めます。

美肌洗顔法で大事なのが洗う順番。まず手をよく洗い、顔をぬるま湯で少しぬらしてから、手のひらで石けんをよく泡立てます。

最初に皮脂が一番多い額から泡をのせます。次にクルクルと泡をなじませながら鼻に伸ばします。

次に、ほほからあごですが、面積の広いUゾーンはこすり過ぎないようにしましょう。

次は目もとと口もとですが、皮膚が薄いので泡で包むように優しく洗いましょう。

最後にぬるま湯で十分に流すのですが、熱いお湯は刺激が強くて肌を痛めますので、人肌くらいのぬるま湯にしましょう。

生え際などに泡が残らないようにして、丁寧に洗い流しましょう。

洗い流した後は指の感触でチェックして、皮脂や汚れが残っていたら、部分的に2度洗いします。すすぎ残しにも注意しましょう。

メイクの濃さに合わせて洗顔料を使い分けたり、皮脂や汚れが多いときには、洗浄力が強めの石けんを使うと良いでしょう。
TOPPAGE  TOP