洗顔について

美肌には顔そりが効果的

洗顔について

美肌になるには、男性のひげ剃りのように、顔をそることが一番効果があるので、私は年に2度ですが、理容院に行き顔をそってもらっています。

顔をそるのは、額から眉の周辺、耳の前からあごの上まで、顔全体をそるのです。そる事で肌がすべすべになり、またメイクののりも良くなるのです。

生まれてから一度も顔をそったことがない女性は、産毛がはえたまま肌なので、メイクののりも悪いです。

顔をそることで、ニキビが出来にくくなります。顔に生えた毛にはホコリが付いたり、雑菌をひきよせて毛穴を汚くしています。

男性の口ひげのように、かなり口ひげが目立つ女性も見かけますが、毛はメラニン色素を持っている為に、茶色っぽいですよね。

その肌の毛が、光の加減などで肌をくすんで見せているので、毛をそることで肌が白く見えるようになるのです。

顔をそると、ヒリヒリしたり、シミが出来やすくなるとか、肌に悪い影響があるかもと心配ですよね。

顔をそる時に、皮膚の一番外側の角質もとってしまうようだと、肌に良くないのですが、角質を保護するクリームをぬってからそれば大丈夫です。

顔そりの前に、肌へのクッションとして、保湿クリームや、安価なハンドクリームなどをぬってから、カミソリでそります。

化粧水や、石けんの泡などはダメですよ。ベストなクリームは、トロンとした感触の、伸びのいいクリームですよ。

一度に顔全体にぬるのではなくて、そる部分だけに順々にぬって、そります。クリームは肌へのクッションなので、決して肌にぬりこまないように。肌に置くだけで良いのです。

カミソリは、ドラッグストアなどで売っている、女性の顔そり用の小さい1枚刃のもので、毛に対して順目にそると、肌を傷つけることなくそれます。

カミソリを持っていないほうの手で、そる方向に向かって、皮膚を引っ張りながらそると、肌に傷つけにくく、キレイにそれます。

顔をそることは、美肌に必須のスキンケアなのです。

美容院は顔そりはやってくれませんが、男性の理容院は必ず顔をそりをやっています。女性の顔そりだけでも、やってくれますよ。

自分の手でそれない方は、あなたも理容院で顔そりを体験してみては? すべすべの肌になって、メイクののりも良いですよ。


洗顔後の化粧水の付け方

洗顔について

素肌が健康だと、しっとりとしてツヤがあります。それは水分がしっかりとたもたれている為です。肌の皮脂が最高のクリームです。

水分を蒸発しにくくして、しなやかな肌を保つ働きをするのが皮脂で、水分と皮脂が、肌にとって欠かすことの出来ないものなのです。

角質層の水分量と、皮脂量のバランスが取れた状態にあると、肌は美しくてしっとりとしてツヤがあるのです。

年齢や季節によって、角質の水分保持力や皮脂の量は低下してきますが、適切な洗顔法で肌の手入れをして、美肌になる努力をしましょう。

素肌が必要なのは、水分です。みずみずしい素肌作りには、化粧水でたっぷりの水分を肌に与えることが何よりも大事なことです。

肌がカサついたら、油分を塗ることばかりに気がいきますが、乾燥したときこそ、水分をたっぷりと補給しなくてはなりません。

化粧水は洗顔後に、顔や手がまだ暖かいうちに付けます。洗顔後、時間がたってからでは肌になじみにくくなって、しっとりとしません。

化粧水は一度にたくさんの量を付けると、肌になじみにくいので、手のひらに少量ずつ、取っては付け、取っては付けを繰り返すほうが効果的です。

手のひらに体温を感じるように、ゆっくりと、やさしく、水分が顔全体に行き渡るよう、丁重に付けます。塗るのではなく、肌に置くように付けます。

顔全体にたっぷりと水分を補給したら、仕上げのつもりで、もう一度、目の周りや、カサ付く部分に、特に念入りに付けましょう。

化粧水の付け方ですが、コットンなどを使わないで、顔と同じ、皮脂である手を使って付けるほうが、なじみが良いです。

冬の季節など、乾燥がひどいときや、日焼けした後などには、コットンに化粧水をたっぷりと含ませて、目のまわりや顔にのせて置くと効果が有ります。

化粧水はアルコールの入っていないものを使いましょう。アルコールは蒸発するときに、肌の水分もいっしょに蒸発させてしまいます。

化粧水を付けた後、乳液や保湿クリーム、美容液やオイルなどの、油分を付けて膜を作り、肌の水分が蒸発しないようにしましょう。


洗顔の基本は、石けん洗顔

洗顔について

石けんで洗顔するときに、一般には弱酸性や、中性の石けんで洗顔すると、肌に良いとのイメージが有りますが、弱アルカリの石けんで洗顔するほうが、きれいな肌になります。

弱アルカリ性では肌に悪いとか、刺激が強すぎるのではと勘違いしている人が多いようですね。

人の普段の肌は弱酸性なので、弱酸性の洗顔料は刺激が少ないから、肌には良いというイメージが有りますが、弱酸性の洗顔料では、肌の汚れが十分には落とせないのです。

皮膚の表面の角質層は、弱酸性で守られていて、強固な肌になっているので、弱酸性や中性の洗顔料で洗っても、角質層が老化した角片と呼ばれるアカが、皮膚にしっかりとくっついているから、落としにくいのです。

肌は、アルカリ性の洗顔料だと柔らかくなって、角質層がゆるんでいますので、汚れをしっかりと落とすことができるのです。

弱酸性の石けんだと肌が荒れるとか、刺激が強いとか、肌がつっぱる感じがする人がいるでしょうが、そう思うのは最初のうちだけです。

肌には、アルカリ性に傾いても、ふたたび弱酸性に戻す、アルカリ中和能という力が有るので、石けんで洗っても、洗った後をよくすすげば、戻るので大丈夫です。

弱アルカリの石けんは、洗浄力があるので、皮脂も洗いとるので、洗顔後は一時的にはつっぱり感を感じても、結果的には肌を活性化することになり、正しい洗顔をしていれば、石けんで肌が荒れることは無いです。

弱酸性の洗顔料ばかりで洗っていると、肌が自然に弱酸性に戻る力が失われてくるので、肌をあまやかさないで、弱アルカリ性にしたりして刺激を与えたほうが、肌は活性化するのです。

弱アルカリ性の石けんは、時間が経過して変質した皮脂の汚れやアカを洗い流して、肌を活性化させるメリットがあるのです。


美肌づくりの第一歩は血流を良くすること

洗顔について

美しい肌とは、清潔で滑らかに整った角質が、程よい皮脂でおおわれた、うるおいのある状態を言います。


表皮は、およそ28日で入れ替わりますが、これはターンオーバーと言われています。

肌質を悪化させるのは、ターンオーバーのリズムの乱れと、その結果として生じる角質の状態の悪化を言います。

どちらも肌細胞本来の働きが、発揮出来なかったことが背景に有ります。その肌細胞を支えているのは、表皮の下にある真皮を流れる血液です。

血流がよく、順調に栄養が届き、速やかに老廃物が運び去られていれば、肌細胞は本来の働きを取り戻し、肌は自分の力で美しくなります。

うるおいの有る状態の為に、新陳代謝による角質の除去を手助けする、クレンジングや洗顔を行ない、水分や皮脂を補う化粧水やクリームを必要なだけ補うのが合理的なスキンケアです。

手作りのコスメも進化して、レモンの輪切りを顔に貼ったりした、乱暴な美容法がはやったのが嘘のように、近年の化粧品や美容法の進歩は目覚ましいです。

どんな化粧品や、容法を取り入れる場合も、大切なのは、自分の肌が持っている本来の美しくなる力を生かすことなのです。

自分の手のひらから愛情を注ぐような、ぬくもりの有るケアを習慣にすることが、美しい肌を作る最大の方法なのではないでしょうか。

簡単な美肌ケアは、毛穴の奥の汚れを除きながら血流改善も出来る、蒸しタオルを使った蒸しタオルクレンジングです。家庭でも簡単にできて効果が有ります。

どんな化粧品を使えば、肌に効果があるとかの美容法も大切ですが、それ以上に素肌のケアはもっと大切です。血流を良くして美肌になりましょう。




猫の飼い方・育て方・しつけ方 NAVI


美肌になる洗顔法

洗顔について

洗顔で皮脂を取りすぎると、乾燥やシワの原因になると、朝はお湯で流すだけの洗顔をしていたら、肌に皮脂が残ってニキビが出来たり、酸化した古い皮脂が肌の老化を進めることになります。

眠っている間にも皮脂は分泌しているので、乾燥肌の人も朝晩の洗顔は、洗顔料を使って汚れを落としましょう。

洗顔は汚れを泡で包み込んで落とすのがの基本です。洗顔料を肌にのせるだけで汚れが落ちるので、こすりすぎないこと。こすぎすぎると肌を痛めます。

美肌洗顔法で大事なのが洗う順番。まず手をよく洗い、顔をぬるま湯で少しぬらしてから、手のひらで石けんをよく泡立てます。

最初に皮脂が一番多い額から泡をのせます。次にクルクルと泡をなじませながら鼻に伸ばします。

次に、ほほからあごですが、面積の広いUゾーンはこすり過ぎないようにしましょう。

次は目もとと口もとですが、皮膚が薄いので泡で包むように優しく洗いましょう。

最後にぬるま湯で十分に流すのですが、熱いお湯は刺激が強くて肌を痛めますので、人肌くらいのぬるま湯にしましょう。

生え際などに泡が残らないようにして、丁寧に洗い流しましょう。

洗い流した後は指の感触でチェックして、皮脂や汚れが残っていたら、部分的に2度洗いします。すすぎ残しにも注意しましょう。

メイクの濃さに合わせて洗顔料を使い分けたり、皮脂や汚れが多いときには、洗浄力が強めの石けんを使うと良いでしょう。

TOPPAGE  TOP