短期間で完治を目指す場合は、眼科に頼るのが賢明

美肌に大敵なのにものもらいがあります。人それぞれ、ものもらいになってから2、3日で回復したという人もいれば、数週間に渡って腫れが続いたという人もいます。

どの程度の期間で解消されるのかというのは個人ごとに異なりますが、なかなか治らない場合は、症状が治まらない要因が他にあるのかもしれません。

ひとまず、ものもらいを刺激していないか見直してみましょう。

具体的には、コンタクトを利用していたり、アイメイクが濃かったり、つい目を触ってしまったりする行為などです。

ものもらいが発生して目に不快感があると、意識が向いてしまいますので、症状が引き起こされて2〜3日しか経っていないのに、感覚的には1週間も経過したと思えてくる人もいるようです。

症状が悪化した場合、膿が出てしまえば改善に向かうことがほとんどですが、膿を力ずくで出してしまおうとすると、症状が深刻になる一方で治らないことがあります。

短期間で完治を目指す場合は、眼科に頼るのが賢明な判断でしょう。

自分ではものもらいだと思っていたものの、ひょっとしたら違った病気を引き起こしていたということもあるかもしれません。

素人判断は厳禁なので、症状がずっと続くようなときには、普通に販売されている目薬をさすのではなく、専門の医師に診てもらうのが良いでしょう。

ものもらいが数年続くという珍しいケースもありますが、こういうときも早いタイミングで医師のもとを訪れれば短い期間で治療できたかもしれません。

対処しないまま過ごしている人もいますが、少なくとも抗菌目薬ぐらいは用いるのが望ましいです。

TOPPAGE  TOP