クレンジングで、ものもらいの症状を深刻化させる元凶に

美肌に大敵なのにものもらいがあります。残念なことですが、常に目を気にしながら暮らしている人はそう多くはありません。

目の健康に十分注意を払って暮らしていても、ものもらいはなかなか予防することができません。

症状が発生したら、可能な限り早期に治療をすることで、症状が酷くなることを防止しましょう。

眼科医がよく行う治療というのは点眼薬を使ったものとなりますが、それ以外にも治療の選択肢があります。

一例を挙げると、抗菌軟膏を利用して化膿を防いだり、強いかゆみがある場合は、ものもらいのための飲み薬が出されることもあります。

女性ですと、ものもらいの状態が治まるまではアイラインやアイシャドウなどのメイクは行わないほうが良いでしょう。

アイメイクを行うのは目の負担になるということだけに限らず、洗顔をする場合にも目に刺激をもたらす問題を起こしてしまいます。

目以外に行う化粧に比べてアイメイクは落としにくいものなので、クレンジングをするときにものもらいの症状を深刻化させる元凶になる場合もあります。

治るまでにどれくらいかかるかは個人差がありますが、適切な治療を行っていれば、一週間ほどで回復することができます。

ですが、化膿の症状が重くなったり、癖で頻繁に触ってしまったりして症状が進行してしまうと、一ヶ月近く治療を続けなければならない場合もあります。

霰粒腫のものもらいが発生したなら、一人で市販の薬などを用いて治すのではなく、専門の医師に相談したほうが良いです。

それから、大きいしこりになるまで発展したときなどは、手術を受けることになります。

TOPPAGE  TOP