ものもらいは化膿の状態では、切開の治療が必要なことも

美肌に大敵なのにものもらいがあります。ものもらいというのは2種類に分けられますが、どちらの種類を発症したのかにより異なる原因が疑われます。

一般的に発症者数が多い「麦粒腫」であるなら、まぶたのマイボーム腺の場所、まつげの根元のあたりに症状が出てきます。

黄色ブドウ球菌が症状を引き起こしているわけですが、菌の感染とはいえ、普通に過ごしていく中で次第に症状が鎮まってくることも稀なことではありません。

しかしながら、症状が悪くなり化膿の状態も酷くなると、切開して膿を出すなどの治療が必要になる場合もあります。

もう一つのものもらいの症状とされる霰粒腫になる原因は、マイボーム腺が詰まってしまい、分泌物が溜まったことにあります。

主な引き金となるものは分泌物ですから、菌に感染していないことから、かゆみや痛みが生じることはないです。

マイボーム腺というものはあまりに細いので、詰まることは少なくなく、この原因に当てはまるようなものはありません。

ですが、目やその周辺をよく触る人は、これを改善できるように意識したほうが良いでしょう。

ものもらいとして多くあるのは、菌の感染が原因となる麦粒腫のほうですが、菌は希少なものではないのです。

私たちの生活の中の様々な場面に生息している菌なので、不健康になるようなことをしていなくても、ものもらいが現れることがあります。

目にいつもと違う感じがしたとき、所詮ものもらいなんだから問題ないと軽く考えていると、重症化する場合もあります。

早期に適した治療を実施するためにも、眼科を訪れ医師に相談したほうが良いでしょう。

TOPPAGE  TOP