美肌に大敵なものもらいの症状は、かゆみと痛み

美肌に大敵なのがものもらいです。ものもらいと呼ばれる症状はそれぞれ人によって変わってきますが、一番よくある症状がかゆみと痛みです。

最初は、まぶたの腫れを感じるようになり、症状が悪くなるのに伴ってかゆみを伴うようになります。

人によっては、腫れや赤みが引き起こされていないものの、何となく目に違和感を感じていたところ、数日後にものもらいが出たという経験をしている人も存在します。

稀な症状とは言えないですが、一回ものもらいが出てしまうと、何度も繰り返す人が多いようです。

目を閉じればごろごろして不快だったり、目が充血するというのも一般的な症状です。

腫れが目立ち出すと、目の大きさに影響が及んでしまいますから、しばらく視野が遮られてしまう場合もあるでしょう。

症状が悪化する前に眼科で受診するなどして、早めに治療ができるように力を尽くすことをおすすめします。

失明などに結び付いてしまうことは確率的には低いですが、必ず起こらないとは明言できません。

単なるものもらいだからと楽観視するのではなく、症状を早く治すことが叶うようにしましょう。

地域によっては、「めばちこ」や「めぼ」と呼ばれることもありますが、適切な名称は麦粒腫(ばくりゅうしゅ)で、大体まつげの根元の場所に症状が認められます。

麦粒腫以外に、霰粒腫(さんりゅうしゅ)なる種類を挙げることもできます。

これに関しては、マイボーム腺という部分が詰まってしまい、炎症になってしまうものです。

麦粒腫のように痛みやかゆみは引き起こされないのですが、赤くなって腫れあがってしまう場合もあり、治療も麦粒腫と照らし合わせると苦労するものになってしまいます。

TOPPAGE  TOP