美肌には顔そりが効果的

美肌になるには、男性のひげ剃りのように、顔をそることが一番効果があるので、私は年に2度ですが、理容院に行き顔をそってもらっています。

顔をそるのは、額から眉の周辺、耳の前からあごの上まで、顔全体をそるのです。そる事で肌がすべすべになり、またメイクののりも良くなるのです。

生まれてから一度も顔をそったことがない女性は、産毛がはえたまま肌なので、メイクののりも悪いです。

顔をそることで、ニキビが出来にくくなります。顔に生えた毛にはホコリが付いたり、雑菌をひきよせて毛穴を汚くしています。

男性の口ひげのように、かなり口ひげが目立つ女性も見かけますが、毛はメラニン色素を持っている為に、茶色っぽいですよね。

その肌の毛が、光の加減などで肌をくすんで見せているので、毛をそることで肌が白く見えるようになるのです。

顔をそると、ヒリヒリしたり、シミが出来やすくなるとか、肌に悪い影響があるかもと心配ですよね。

顔をそる時に、皮膚の一番外側の角質もとってしまうようだと、肌に良くないのですが、角質を保護するクリームをぬってからそれば大丈夫です。

顔そりの前に、肌へのクッションとして、保湿クリームや、安価なハンドクリームなどをぬってから、カミソリでそります。

化粧水や、石けんの泡などはダメですよ。ベストなクリームは、トロンとした感触の、伸びのいいクリームですよ。

一度に顔全体にぬるのではなくて、そる部分だけに順々にぬって、そります。クリームは肌へのクッションなので、決して肌にぬりこまないように。肌に置くだけで良いのです。

カミソリは、ドラッグストアなどで売っている、女性の顔そり用の小さい1枚刃のもので、毛に対して順目にそると、肌を傷つけることなくそれます。

カミソリを持っていないほうの手で、そる方向に向かって、皮膚を引っ張りながらそると、肌に傷つけにくく、キレイにそれます。

顔をそることは、美肌に必須のスキンケアなのです。

美容院は顔そりはやってくれませんが、男性の理容院は必ず顔をそりをやっています。女性の顔そりだけでも、やってくれますよ。

自分の手でそれない方は、あなたも理容院で顔そりを体験してみては? すべすべの肌になって、メイクののりも良いですよ。

TOPPAGE  TOP