美肌づくりは きちんと働く肌細胞から

シミ・シワ・たるみの予防というと、どんな化粧品を使ったら効果的なのかと考える人が多いですが、化粧品の前に肌細胞のことを考えたいですね。

過食が体に良くないのと同様、肌細胞も栄養をとりすぎたら、肌本来の力を発揮しなくなってしまいますが、自然のままが良いからと何もしないのもダメです。

全ての細胞には、異物から身を守り、外界から体を守る機能が備わっています。

厳し過ぎても甘やかすぎても子供がちゃんと育たないように、乾燥や汚れた空気や紫外線などにさらされている肌には、適度で適切なケアが必要なのです。

肌の表皮は、およそ28日で入れ替わりますが、これをターンオーバーと言います。

肌質を悪化させるのは、ターンオーバーのリズムの乱れと、その結果として生じる角質の状態の悪化です。

どちらも肌細胞の本来の働きが発揮出来なかったことが背景に有りますが、その肌細胞を支えているのは、表皮の下にある真皮を流れる血液です。

血流が良くて、順調に栄養が届き、すみやかに老廃物が運びさられていれば、肌細胞は本来の働きを取り戻し、肌は自分の力で美しくなるのです。

美しい肌とは、清潔でなめらかに整った角質が、ほどよい皮脂でおおわれた、うるおいのある状態のことを言います。

その状態の為に、新陳代謝による角質の除去を助けるクレンジングや洗顔を行ない、水分や皮脂を補う化粧水やクリームを必要なだけ補うのが、合理的なスキンケアです。

どんな化粧品や美容法を取り入れても、大切なのは自分の肌が持っている、本来の美しくなる力を生かすことなのです。

ぬくもりのあるケアを、習慣にすることが、美しい肌を作る最高の秘訣です。

TOPPAGE  TOP