肌をきれいにする朝食

美しさにもっとも影響がある、一日の食事は朝食です。


朝の体内は前夜から何も食べ物が入っていない状態なのに、その朝に何も食べないと軽い飢餓状態になっています。

軽い飢餓状態になっている時に昼食を取ると、身体はその食事をすべてを吸収しょうとしますが、それがまさに太る原因なのです。

朝は、身体に良いエネルギーが誕生します。そのとき肌も朝がくるのを待ち構えているのです。

ここで栄養のバランスがとれた朝食をきちんと食べる事で、肌に必要なエネルギーが吸収されて美肌を生み出します。

朝食は、ご飯に豆腐のみそ汁やウレン草のおひたしに、焼き魚などの和食が良いですね。

タンパク質、炭水化物、脂質の三大栄養素に加え、ビタミンやミネラルも摂取することが出き、抗酸化作用をアップしてくれます。

これらの、日本の典型的な朝食メニューは、肌の老化にもすぐれていて、身体の中からくすみのない素肌を作ります。

朝はきちんと栄養を取り、体調を整えていかなければ素肌の美しさは保てませんので、朝昼晩の3回の食事をきちんととることも重要ですね。

美しさの為に肝心なのが、食事は腹七分目で止めておく事です。とはいえ、それをあまりにキッチリ守ろうとするとストレスがたまります。

なので1ヵ月に1度だけでも、思いっきり食べても良い日を作ると良いでしょうね。でも、その翌日は腹四分で我慢しておきます。

それを気をつけるだけで、太ることはなくなると同時に、みずみずしい素肌になるのです。

永遠にきれいでいたいですね。



整形しないで、プチ整形をしませんか?


TOPPAGE  TOP