美肌について

美肌には顔そりが効果的

美肌について

美肌になるには、男性のひげ剃りのように、顔をそることが一番効果があるので、私は年に2度ですが、理容院に行き顔をそってもらっています。

顔をそるのは、額から眉の周辺、耳の前からあごの上まで、顔全体をそるのです。そる事で肌がすべすべになり、またメイクののりも良くなるのです。

生まれてから一度も顔をそったことがない女性は、産毛がはえたまま肌なので、メイクののりも悪いです。

顔をそることで、ニキビが出来にくくなります。顔に生えた毛にはホコリが付いたり、雑菌をひきよせて毛穴を汚くしています。

男性の口ひげのように、かなり口ひげが目立つ女性も見かけますが、毛はメラニン色素を持っている為に、茶色っぽいですよね。

その肌の毛が、光の加減などで肌をくすんで見せているので、毛をそることで肌が白く見えるようになるのです。

顔をそると、ヒリヒリしたり、シミが出来やすくなるとか、肌に悪い影響があるかもと心配ですよね。

顔をそる時に、皮膚の一番外側の角質もとってしまうようだと、肌に良くないのですが、角質を保護するクリームをぬってからそれば大丈夫です。

顔そりの前に、肌へのクッションとして、保湿クリームや、安価なハンドクリームなどをぬってから、カミソリでそります。

化粧水や、石けんの泡などはダメですよ。ベストなクリームは、トロンとした感触の、伸びのいいクリームですよ。

一度に顔全体にぬるのではなくて、そる部分だけに順々にぬって、そります。クリームは肌へのクッションなので、決して肌にぬりこまないように。肌に置くだけで良いのです。

カミソリは、ドラッグストアなどで売っている、女性の顔そり用の小さい1枚刃のもので、毛に対して順目にそると、肌を傷つけることなくそれます。

カミソリを持っていないほうの手で、そる方向に向かって、皮膚を引っ張りながらそると、肌に傷つけにくく、キレイにそれます。

顔をそることは、美肌に必須のスキンケアなのです。

美容院は顔そりはやってくれませんが、男性の理容院は必ず顔をそりをやっています。女性の顔そりだけでも、やってくれますよ。

自分の手でそれない方は、あなたも理容院で顔そりを体験してみては? すべすべの肌になって、メイクののりも良いですよ。


肌に良いコラーゲンは加齢とともに減少

美肌について

弾力のある肌を保っているコラーゲンは、肌だけに存在しているのではなく、人の体内中にある全タンパク質の3分の1を占めていて、骨や血管壁などでも、柱や梁のように立体構造を保つ役割をはたしています。

肌は外から見える表皮と、その下の真皮に分かれていて、真皮では張り巡らされたコラーゲンの隙間をヒアルロン酸などの基質が埋める構造になっています。

腱や筋肉のスジの部分のコラーゲンは、ひと固まりになって強固な支持組織として働いて、とくに肌との関連性が注目されるのは、皮膚の乾燥重量の70%がコラーゲンで形成されています。

コラーゲンの立体構造を埋めているのは、保水・吸水力の高いヒアルロン酸ですが、コラーゲンが減ると真皮の容積が小さくなってしまい、ヒアルロン酸が減って真皮中の水分量も減少して、肌の張りがなくなるのです。

コラーゲンは体内の様々な部位で必要ですから、皮膚よりも先に、骨、血液、筋肉、内蔵など、生命の維持のために、より重要な臓器から使われて、皮膚に回って来るのは一番最後になります。

貧血ぎみだったり、筋肉が衰えていたりすると、肌に効果を及ぼす前に、血液や筋肉などに使われてしまうのです。

コラーゲンの豊富な食材は、牛肉のスジ肉や牛タン。鶏肉では手羽先、軟骨、鶏皮。豚肉では豚足、レバー。魚にはあじ、いわし、カレイなどが有ります。

コラーゲンといえば肉類や軟骨などが多く含まれていると思われますが、あなごやうなぎ、いか、たこ、あさりなどの魚介類にもコラーゲンは豊富に含まれています。

コラーゲンは体内で消化・分解し、アミノ酸として吸収されます。このアミノ酸が各臓器でコラーゲンになるのですが、その働きを助けるのがビタミンCです。

加齢とともに減少する、コラーゲンの力が十分に発揮できるように、ビタミンCも一緒に摂取しましょう。


美肌づくりは きちんと働く肌細胞から

美肌について

シミ・シワ・たるみの予防というと、どんな化粧品を使ったら効果的なのかと考える人が多いですが、化粧品の前に肌細胞のことを考えたいですね。

過食が体に良くないのと同様、肌細胞も栄養をとりすぎたら、肌本来の力を発揮しなくなってしまいますが、自然のままが良いからと何もしないのもダメです。

全ての細胞には、異物から身を守り、外界から体を守る機能が備わっています。

厳し過ぎても甘やかすぎても子供がちゃんと育たないように、乾燥や汚れた空気や紫外線などにさらされている肌には、適度で適切なケアが必要なのです。

肌の表皮は、およそ28日で入れ替わりますが、これをターンオーバーと言います。

肌質を悪化させるのは、ターンオーバーのリズムの乱れと、その結果として生じる角質の状態の悪化です。

どちらも肌細胞の本来の働きが発揮出来なかったことが背景に有りますが、その肌細胞を支えているのは、表皮の下にある真皮を流れる血液です。

血流が良くて、順調に栄養が届き、すみやかに老廃物が運びさられていれば、肌細胞は本来の働きを取り戻し、肌は自分の力で美しくなるのです。

美しい肌とは、清潔でなめらかに整った角質が、ほどよい皮脂でおおわれた、うるおいのある状態のことを言います。

その状態の為に、新陳代謝による角質の除去を助けるクレンジングや洗顔を行ない、水分や皮脂を補う化粧水やクリームを必要なだけ補うのが、合理的なスキンケアです。

どんな化粧品や美容法を取り入れても、大切なのは自分の肌が持っている、本来の美しくなる力を生かすことなのです。

ぬくもりのあるケアを、習慣にすることが、美しい肌を作る最高の秘訣です。


美肌づくりの第一歩は血流を良くすること

美肌について

美しい肌とは、清潔で滑らかに整った角質が、程よい皮脂でおおわれた、うるおいのある状態を言います。


表皮は、およそ28日で入れ替わりますが、これはターンオーバーと言われています。

肌質を悪化させるのは、ターンオーバーのリズムの乱れと、その結果として生じる角質の状態の悪化を言います。

どちらも肌細胞本来の働きが、発揮出来なかったことが背景に有ります。その肌細胞を支えているのは、表皮の下にある真皮を流れる血液です。

血流がよく、順調に栄養が届き、速やかに老廃物が運び去られていれば、肌細胞は本来の働きを取り戻し、肌は自分の力で美しくなります。

うるおいの有る状態の為に、新陳代謝による角質の除去を手助けする、クレンジングや洗顔を行ない、水分や皮脂を補う化粧水やクリームを必要なだけ補うのが合理的なスキンケアです。

手作りのコスメも進化して、レモンの輪切りを顔に貼ったりした、乱暴な美容法がはやったのが嘘のように、近年の化粧品や美容法の進歩は目覚ましいです。

どんな化粧品や、容法を取り入れる場合も、大切なのは、自分の肌が持っている本来の美しくなる力を生かすことなのです。

自分の手のひらから愛情を注ぐような、ぬくもりの有るケアを習慣にすることが、美しい肌を作る最大の方法なのではないでしょうか。

簡単な美肌ケアは、毛穴の奥の汚れを除きながら血流改善も出来る、蒸しタオルを使った蒸しタオルクレンジングです。家庭でも簡単にできて効果が有ります。

どんな化粧品を使えば、肌に効果があるとかの美容法も大切ですが、それ以上に素肌のケアはもっと大切です。血流を良くして美肌になりましょう。




猫の飼い方・育て方・しつけ方 NAVI


肌の潤い力は蒸しタオルと美容成分で

美肌について

夏も終わり涼しくなってきて、身体は快適なのに肌はゴワついたり、カサカサしたりしてきます。

夏からずっと紫外線にさらされたままの肌が、潤いと活力を失っています。

本格的な乾燥の季節が来る前に、蒸しタオルで手軽に出来る保湿法で、ゆっくりと肌をいたわり、中から保湿力を立て直してみては。

夏バテのダメージは秋に出ると言われていますが、それは肌も同じですね。

蒸し暑い時期に、肌がベタつくからと、さっぱりとしたケアだけですませて、潤いケアをおろそかにしていませんでしたか。

あっさりとした物ばかりを食べていると、身体が疲れやすくなるように、肌もケア不足と紫外線によって潤いと活力が奪われて疲労して、肌表面の角層も硬く厚い状態になってしまいます。

夏バテ肌に、湿度や気温の急激な低下が加われば、肌の乾燥がさらに進んで、ますます潤い不足でゴワゴワになってしまうのでは。

そうなる前に、肌に休息と栄養を与えて、肌にしっかりと美容成分をチャージすることが大切ですね。

肌のケアは、毎日しっかりとクリームをぬり、週1回の蒸しタオルを使ったスチームケアで、しっとりと潤いのある肌に整えましょう。

蒸しタオルを当てる時間は、気持ちの良い暖かさが持続する10秒間が目安です。美容成分は肌に浸透してタオルに吸い取られる心配はありません。

見も心もリラックスできる秋のケアで、肌本来が持つ内部保湿力を優しく回復させましょう。


美肌になる洗顔法

美肌について

洗顔で皮脂を取りすぎると、乾燥やシワの原因になると、朝はお湯で流すだけの洗顔をしていたら、肌に皮脂が残ってニキビが出来たり、酸化した古い皮脂が肌の老化を進めることになります。

眠っている間にも皮脂は分泌しているので、乾燥肌の人も朝晩の洗顔は、洗顔料を使って汚れを落としましょう。

洗顔は汚れを泡で包み込んで落とすのがの基本です。洗顔料を肌にのせるだけで汚れが落ちるので、こすりすぎないこと。こすぎすぎると肌を痛めます。

美肌洗顔法で大事なのが洗う順番。まず手をよく洗い、顔をぬるま湯で少しぬらしてから、手のひらで石けんをよく泡立てます。

最初に皮脂が一番多い額から泡をのせます。次にクルクルと泡をなじませながら鼻に伸ばします。

次に、ほほからあごですが、面積の広いUゾーンはこすり過ぎないようにしましょう。

次は目もとと口もとですが、皮膚が薄いので泡で包むように優しく洗いましょう。

最後にぬるま湯で十分に流すのですが、熱いお湯は刺激が強くて肌を痛めますので、人肌くらいのぬるま湯にしましょう。

生え際などに泡が残らないようにして、丁寧に洗い流しましょう。

洗い流した後は指の感触でチェックして、皮脂や汚れが残っていたら、部分的に2度洗いします。すすぎ残しにも注意しましょう。

メイクの濃さに合わせて洗顔料を使い分けたり、皮脂や汚れが多いときには、洗浄力が強めの石けんを使うと良いでしょう。

肌の手入れは保湿から

美肌について

美肌がもっとも優れている人って、生まれたての赤ちゃんの肌ですね。赤ちゃんの肌って水分量がすごいです。

お母さんのお腹の中から出たばかりの赤ちゃんの肌は、肌ストレスをまだ何も受けていない状態なので、ピチピチですね。

その肌も年月を重ねるうちに、シミ、シワ、たるみが出てきて、もうピチピチの肌に戻ることはできませんが、10年後も今現在の肌が保てるような肌の手入れ方法はあります。

美肌に最も必要なのは保湿です。肌の水分を保つことが大切なのです。

肌の水分をキープしてくれるセラミドという成分は、年齢とともに減少して来ます。そのために、シワやたるみが出てくるのです。

シワやたるみを防ぐには、セラミドやセラミドの代用となる、ヒアルロン酸などを肌に与えるのが良いですね。

この成分は、美容液やクリーム、ジェルなどで、色々な商品が販売されていますので、自分で気に入った物をセレクトして使用してみましょう。

ローションを手に取って両手で温め、両頬を包み込むようにして優しく、手全体でプッシュしてなじませていきます。

額、あごなども同じようにして、最後に目のまわりは薬指の腹を使って、付けていき、両手に残ったローションは首まで伸ばします。

次に美容液ですが、美容液は肌の表面だけではなく、その下の真皮まで届いてくれる液が多いので、肌にはいっていくことを意識しながら付けると良いです。

まず、左手の手のひらに美容液を取って、右手の中指と薬指の腹を使って、目や口の周りなどの、コジワの出やすいところにのせていきます。

終わったら、左手に残っている美容液を両手で顔全体になじませます。肌が温まっているので、どんどん吸収していきます。

最後にクリームをぬって肌にフタをします。クリームも両手で温めて使いましょう。これできれいに洗い上げた皮膚に栄養がしっかりと吸収されて、明日の朝はプリプリになるでしょう。

美肌は水分が大切

美肌について

年齢を重ねてから、肌のトラブルの大半は、水分不足による物なんですね。

20代と30代以降の肌では何が決定的に違うかというと、水分の量なんです。

水分量が違えば、ツヤ、ハリ、透明感が違って来ます。なので、20代の肌をキープしたいのなら、水分補給は不可欠なのですね。

スキンケアで肌表面から与えるのと同時に、身体の内側にも水分を与える事が肝心です。

体内の水は、細胞に栄養や酸素を届けるとともに、老廃物を回収して、汗や尿として対外に排出します。

成人の場合は、じっとしていても1日に約2.5リットルの水分を排出しています。

食物からとる水分は、1日1.3リットル程度ですから、残りの約1.2リットル分の水分を飲めば、ちょうどバランスが取れますね。

だだし、これはじっとしている時の場合です。通勤の時にエスカレーターを使わないで階段を登ったりとか、運動している人は水分の排出量は多いですよね。

そして年齢を重ねるにつれて体内の水分量自体が減って行きます。特に睡眠中は汗をかいているので、朝の身体の中は水分不足の状態です。

起床時には、コップ2杯程の水を飲むと、美肌だけではなく、健康にも良いので、自分の好きなミネラルウォーターを飲むのを習慣にしたいですね。

美肌に毛穴の汚れは大敵

美肌について

美肌の大敵は毛穴の汚れですね。毛穴の黒ずみやたるみなどで悩んでいる女性が多いのですが、毛穴について誤解している人が多いですね。

顔の毛穴は、身体の中で一番大きいのです。皮脂腺が大きく発達していて、皮脂の分泌が多いのです。

皮脂が溜まって、毛穴がきたないと悩んでいる人は多いですが、自然な状態なので心配は要りません。

顔の毛穴は、毛穴の奥の皮脂腺が発達している為に、毛穴も大きく出来ています。なので皮脂の汚れが目立つのですね。

皮脂腺が大きい人は毛穴も大きいのです。遺伝的なものなので、毛穴用の化粧品などでは小さくなることはないのです。

美肌のケアで毛穴を改善出来るのは、老化によるたるみ毛穴や、詰まりだけですね。

毛穴の周りを支えるコラーゲン線維が弾力を失って伸びてたるんだ状態なのです。肌の老化現象で、30歳位を過ぎた頃からほほの毛穴が縦長ながに広がって来るのです。

角質肥厚のオイリー肌の人は、鼻の先や小鼻の毛穴が黒ずんでいる人が多いです。外に出ようとする皮脂と、皮脂表面の角質が混じって出来た角質のよごれが、毛穴の出口に詰まって盛り上がってくるのです。

溜まった古い角質を取り去り、新しい角質を取り戻してくれるピーリングを月1回くらい行なうか、酵素洗顔料で余分な角質を取り除くことも美肌に効果が。

永遠にきれいでいたいですね。




肌をきれいにする朝食

美肌について

美しさにもっとも影響がある、一日の食事は朝食です。


朝の体内は前夜から何も食べ物が入っていない状態なのに、その朝に何も食べないと軽い飢餓状態になっています。

軽い飢餓状態になっている時に昼食を取ると、身体はその食事をすべてを吸収しょうとしますが、それがまさに太る原因なのです。

朝は、身体に良いエネルギーが誕生します。そのとき肌も朝がくるのを待ち構えているのです。

ここで栄養のバランスがとれた朝食をきちんと食べる事で、肌に必要なエネルギーが吸収されて美肌を生み出します。

朝食は、ご飯に豆腐のみそ汁やウレン草のおひたしに、焼き魚などの和食が良いですね。

タンパク質、炭水化物、脂質の三大栄養素に加え、ビタミンやミネラルも摂取することが出き、抗酸化作用をアップしてくれます。

これらの、日本の典型的な朝食メニューは、肌の老化にもすぐれていて、身体の中からくすみのない素肌を作ります。

朝はきちんと栄養を取り、体調を整えていかなければ素肌の美しさは保てませんので、朝昼晩の3回の食事をきちんととることも重要ですね。

美しさの為に肝心なのが、食事は腹七分目で止めておく事です。とはいえ、それをあまりにキッチリ守ろうとするとストレスがたまります。

なので1ヵ月に1度だけでも、思いっきり食べても良い日を作ると良いでしょうね。でも、その翌日は腹四分で我慢しておきます。

それを気をつけるだけで、太ることはなくなると同時に、みずみずしい素肌になるのです。

永遠にきれいでいたいですね。



整形しないで、プチ整形をしませんか?



素肌がきれいなのは20歳まで

美肌について

素肌がきれいなのは20歳までで、歳とともにがの手入れが大変になってきますね。でも肌をきれいにするのに年齢は関係ありません。

幾つになろうと、きれいになりたいと思う気持ちと努力の時間をかければ、女性の肌は甦ります。

肌に一番大切なことは、やはり睡眠でしょうね。そして食事、その後にスキンケアではないでしょうか。

睡眠は7時間は取りたいですね。それが無理なら、休日の寝溜めです。1週間に一度の寝溜めは効果が有りますよ。

入浴が肌に良いいと勘違いしている人が多いですが、入浴はストレスや身体の疲れをとるには効果が有りますが、睡眠時間を削ってまでの入浴は無駄です。

長風呂すると、皮膚のうるおい成分がなくなってカサカサになりますので気を付けましょう。

肌に良い食事は、栄養のバランスです。脂肪や糖分を取りすぎないようにして、ビタミンE、C、B2、βカロチンを多く含んだ、緑黄色野菜を摂取しましょう。

内蔵が丈夫で無い方は肌に影響を与えます。健康が大事ですね。化粧品選びに努力するよりも、病院で血液検査をして、症状の悪い項目を改善しましょう。

永遠にきれいでいたいですね。



TOPPAGE  TOP